最強ゲーミングキーボードおすすめ4選!プロゲーマーも愛用する最適な選択肢

テーマ

このテーマを作った人 | pippin編集部スタッフ

最強ゲーミングキーボードおすすめ4選!プロゲーマーも愛用する最適な選択肢

PCゲームが流行る中、ゲーミングキーボードの選択肢が増えて迷っている方必見!この記事では、有名かつ人気のゲーミングキーボードおすすめ4選を紹介します。機能性やデザイン、打鍵感など、ゲーマーにとって最適なキーボードを見つけて、快適なゲームライフを送りましょう!

ゲーミングキーボードの選び方

最近、PCゲームが流行っているおかげで、ゲーミングキーボードの種類が増えました。昔に比べて、ラインナップが圧倒的に増えたので、初心者の方はどれを買えばいいかわからないと思います。なので、今回はゲーミングキーボード界の4項ともいえる、有名かつ人気のゲーミングキーボードを紹介していきたいと思います。正直、ゲーミングキーボードを選ぶなら、今回紹介する4つの中から選んでいただければ間違いないです。

LogicoolG プロエックスゲーミングキーボード

1つ目は、LogicoolGのプロエックスゲーミングキーボードです。お値段は11,709円です。だいたいゲーミングキーボードは1万円から1万5千円くらいのものが多いので、今回紹介するキーボードもそんなくらいの価格が多いです。

で、こちらのキーボードは何と言っても、使用者が多いLogicoolのど定番ゲーミングキーボードです。正直、これ買っておけば間違いないでしょうっていうくらい、本当に使ってる人が多いです。

プロ仕様の性能

名前に「プロ」とついている通り、性能は間違いなくプロ仕様です。eスポーツプロのための究極のゲーミングキーボードを目指して開発がスタートしていまして、50人以上のプロゲーマーの協力を得て2年以上の歳月をかけて完成した、Logicoolの本気の本気の製品です。

テンキーレスキーボードの特徴

はい、こちらのキーボードは、テンキーレスキーボードと呼ばれるものです。テンキーレスキーボードとは、普通のフルサイズキーボードにテンキーと呼ばれる数字とか打つためのキーボードがついているのがなくなってコンパクトになったものです。

テンキーレスキーボードの魅力

ゲームをするときは、こちらにキーボードを置いて、こちらでマウスの操作をするので、キーボードのサイズが大きいと、キーボードにガガガンって当たっちゃうんです。マウスが。なので、ゲームをする場合は、割とこのテンキーレスキーボードと呼ばれる、少しサイズ感がコンパクトなキーボードを選ぶことによって、マウスを思う存分触れるという特徴があります。なのでゲームをするときはコンパクトなキーボードがおすすめです。

コンパクトなキーボードのおすすめ

こちらのキーボードは幅36.1cm、奥行きが15.3cm、高さが3.4cmです。見た目は正直高級感があるようなキーボードではないです。

日本語配列と軸の種類

キーボードの配列は日本語配列ですので、日本人の方が使うキーボードは最適です。ゲーミングキーボードは物にはよるんですが、おおよそのキーボードに軸というものがあります。赤軸とか青軸とか色々あるんですが、それぞれの軸に音の特徴や打鍵感に差があって、好みが分かれるんです。

Pro Xゲーミングキーボードの可変軸

およそのゲーミングキーボードは最初から軸が乗っていて固定です。赤軸のキーボードは赤軸青軸は青軸のような、そういう風に固定化されているのが一般的ですが、こちらのPro Xゲーミングキーボードは可変。自分で軸を交換できるっていうのが面白いところです。

Pro Xキーボードの軸交換機能

なかなか軸を交換できるキーボードって珍しいので、軸交換したいなら正直Pro X一択なんではないかなっていうレベルです。このPro Xキーボード最近まではデフォルトか青軸で、赤軸とか茶軸を使いたい場合はオプションで買い足して付け替える必要があったんですが、最近は人気の高い赤軸が最初からついているっていう、デフォルト赤軸のPro Xも販売されました。赤軸好きな方はそれがおすすめです。ただそのモデルだと軸交換に対応してないというデメリットもあるので、その辺は本当に人によります。

アクチュエーションポイントの重要性

アクチュエーションポイントというのは、キーを打った時にどのぐらい押したらキースイッチが反応しますかっていう距離のことです。物によるんですが、およそ1.8mmから2mmぐらいのものが多いです。キーを押し始めて1.9mmぐらい沈んだところで反応すると、そういうものです。

Pro Xの持ち運びやすさとゲームモード

こちらパッと見ワイヤレスのキーボードに見えるんですが、実は有線のキーボードで、コードがこんな感じで取り外しできるんです。キーボードを持ち運ぶ人にとっては、こういう風にコードが取れるのは利点になります。保管もしやすいしね。

ゲームに最適な機能と滑り止め

あとは、キーボードの上のところにゲームモードっていうスイッチがありまして、これを押してあげることによって、Windowsキーとか、ゲーム中に押しちゃうとゲームが中断されるキーを無効化するっていう機能もあります。したがってかなりゲームに最適です。

ロジクールファンにおすすめのPro X

裏もゴム製の滑り止めがついていて、操作中にキーボードがずれることも少ないです。あれです、ロジクールが好きでシンプルで安めのゲーミングキーボードが欲しいなら、こちらはかなりおすすめかなと思います。プロゲーマーの方も使ってる人が多いしね。ロジクールが好きなら、これを選択肢に入れましょう。

K65 Rapidfireの魅力

2つ目はこちらのK65 Rapidfireです。Corsairのスピード軸とも呼ばれる銀軸を搭載したゲーミングキーボードです。これも本当に人気のある製品です。13歳で史上最年少のプロゲーマーとなったモングラール選手も使ってる、かなり有名になったゲーミングキーボードです。

コンパクトなデザイン

こちらのキーボードも先ほどと同じく10キー列のサイズですので、コンパクトでゲームがしやすいと、幅356mm、奥行き166mm、高さ37mmです。僕はこれ日本語配列を持っているんですが、英語配列のモデルもあります。

高級感ある見た目

見た目が良くて、トッププレートはアルミニウム単像フレームをかける表面加工ということで、見た目の高級感はかなり半端ないです。ゲーミングキーボードの中でも表面の質感はトップクラスなんではないかなと 質感いいんです もちろんライティングにも対応していて 光り方もかなりおしゃれになっています。

フローティングデザイン

さらに横から見ると分かりやすいんですが、キーが浮かんでいるようなフローティングデザインですので、見た目もいいし掃除もしやすいというメリットがあります。

スピード軸の強み

何よりもこちらのキーボードの強みは、スピード軸とも呼ばれる銀軸を搭載しているという点です。この銀軸がすごくてアクチュエーションポイントが浅いんです。およそのゲーミングキーボードのアクチュエーションポイントは1.8とか2.2ミリぐらいですが、こちらのゲーミングキーボードはアクチュエーションポイントが1.2ミリとかなり浅いんです。

つまり反応速度が速いということで、キーを押し始めてから反応するまでが速いので、コンマを争うFPSゲームとかそういうシビアなゲームをするときも有利になります。人気の赤軸と比べても40%分早く入力することができるということで、この反応速度の速さが人気の秘訣です。

対戦ゲームにおすすめ

PCゲームに本当に向いているゲーミングキーボードを買う方はゲームをやる方が多いと思うので、対戦ゲームとかする方はぜひ一度銀軸を使ってみてほしいかなと思います。

重厚感のある本体とメディアキー

本体も850gとテンキーレスにしては重めなので操作中にずれにくいし、キーボードにはこういうメディア専用キーも付いています。メディアキーが載っているゲーミングキーボードってかなり利便性高くて、慣れたらねいい感じに操作できるので、そういうところも強みです。

コスパ抜群のゲーミングキーボード

何よりもこれはコスパがいいんです。この価格帯でUSBパススルーポート機能マルチメディア専用キー、そしてこの見た目ね。この価格帯でこの3秒揃ってるゲーミングキーボードはなかなかないので。本当に早いのでゲームをしていても本当に快適に遊べるんです。コストパフォーマンスが高いゲーミングキーボードかなと思います。スピード軸で反応速度も速いしね。

Razer Huntsmanトーナメントエディション

はい続きましてはこちら、RazerHuntsmanトーナメントエディション、リニアオプティカルスイッチです。個人的にねこのキーボードが好きです。Razerのテンキーレスキーボードと言えばこれ、有名ですし使い心地も間違いない。

コンパクトで高品質なデザイン

こちらもテンキーレスなんでサイズ感がコンパクト。幅362mm、奥行140mm、高さ37mmです。天板は剛性が高い合金アルミフレームを採用していて質はかなり高いです。

美しいライティングと配列選択

ライティングの入れ具合もトップクラスに綺麗なので、見た目っていう観点でもすごくおすすめできるキーボードです。もちろんRGB搭載なので自分の好きな色に光らせることができるし、配列は英語配列と日本語配列の2つがあります。

キーキャップの耐久性と質感

このキーボードの個人的な一押しポイントは、キーキャップ。このキーキャップはなかなか強くて、ダブルショットPBTキーキャップっていう耐久性も高くて質感もかなり高いっていうキーキャップが搭載されています。

印字が剥げない耐久性

このキーボードを僕も使ってるんですが、まったく印字が剥げないんです。キーボードによってはこれ使いまくってるとキーの印字が剥げてくるものも多いんですが、本当に耐久性が高くてまったく印字が剥がれません。

優秀なキースイッチ

キースイッチはLinear Optical Switchってものを搭載していて、このスイッチが本当に優秀です。こちらは特殊な光を使った作動方式で打ち心地もいいし反応もいいんです。アクチュエーションポイントはなんと1.0ミリと早いんです。ゲーミングキーボードの中でも本当にトップクラスの速さ。

快適なゲームプレイ

テンキーですし質感も良くてなおかつアクチュエーションポイントが1ミリとね本当に早いので、ゲームをしていても本当に快適に遊べるんです。本当にゲーム特化のクオリティーしてます。打ち心地もいいんです。

普通のね青軸とかと比べてそのスイッチ感カチッていう感覚がなくて、押し込んでからそこまでスッて入るんですが、この動きがスムーズで気持ちいい。

デザインと滑り止め

入力が楽しいゲーミングキーボードっていう感じです。裏側見てみると裏もすごくて、4Gamerz ByGamerzっていうねRazerのキャッチコピーが書かれてます。すごいよね、これ裏側までしっかりとデザインが凝らされている。この角には見てもらったら分かる通り滑り止めがしっかりついていますので、キーボードの操作中にもズレることがない。見た目も晴れすぎずすごくシンプルなのが個人的に好きです。

操作感の良さ

操作感に関しては本当に間違いなくて、アクチュエーションポイント1.0mmっていいです。キーを押してからすぐに反応してる感覚があるし、APEXのキャラコンもしやすいね。アクチュエーションポイントが浅いのはすごくアドバンテージになります。

コスパと配線整理

このキーボードも安めなのでカーフから考えた時のコスパもいいんではないかなと思います。このキーボードは有線ですが、コードが取り外し式になっているので、保管もしやすいし、コードはこの左端のところからピョッて伸びているので、うまく配線整理するとデスクの上もすっきりしやすいんです。

Razerキーボードの魅力

マジ全体的にレベルが高い。Razerが好きなのね、こちらのキーボード買って間違いないかなと思います。そんなぐらい個人的に推しです、こちらのキーボード。

スティリシリーズAPEX PRO TKL紹介

さあゲーミングキーボード界の4皇、最後はこちら、スティリシリーズのAPEX PRO TKLです。これに関しては本当に完成度が高く、世界中で人気も高いゲーミングキーボードです。

反応速度が世界一の魅力

人気の理由の一つが、ゲーミングキーボードは、反応速度が世界一というところです。キーを押してから反応するまでの距離が世界一短いんです。

APEX PRO TKLの見た目とサイズ

まず見た目はこんな感じです こちらもテンキーレスのキーボードです 幅は355.44mm奥行きが139.2mm高さが40.44mmです。これもコンパクトなのでマウスをフルスペース十分確保できますし質感も高いんです。

高級感あるデザイン

トッププレートは航空宇宙産業で使用されるアルミ製の巨体による滑らかで美しいデザイン。唯一無二な見た目をしていますので質感が高い。かっこいいよね。光の反射の感じでわかると思う。見た目の高級感は間違いないです。どのようなデスク周りでも合わせやすい見た目してます。

フローティングデザインと配列

こちらもキーが置いてあるフローティングデザインですので、光の広がり方が柔らかいし見た目もかっこいいし掃除もしやすいと思います. 配列に関しては日本語配列と英語配列両方ともあります。

品切れが続く人気商品

ただこちらのキーボード自体も人気だし 日本語配列もすごく人気でずっと品切れです。最近もAmazonでずっと売り切れしてて、なかなかそもそも買えないっていうのがデメリット。

アクチュエーションポイントの魅力

最初にも言った通りこちらのキーボードアクチュエーションポイントが半端ない。およそのキーボード今まで紹介したキーボードって、アクチュエーションポイントが最初から何ミリ何ミリって固定で決まっています。そんな中、こちらのSteelSeriesエイペックスプロTKLは アクチュエーションポイントが可変です。自分で好きなアクチュエーションポイントに変更することができて、しかもそれだけでもすごいのに、そのアクチュエーションポイントの設定の幅が3.6ミリから0.4ミリと幅がすごいのよ。

世界最速の0.4ミリアクチュエーション

幅が3.6ミリもめっちゃ長いし、0.4ミリは世界最速だしと異次元です。先ほど紹介した通りRazerのハンズマンティーンのように 1ミリでも反応速度がかなり早いんですが、それの半分以下の0.4ミリは本当に異次元なゲーミングキーボードなんではないかなと思います。

最適なアクチュエーションポイントの探求

0.4ミリやそこまで早いと最初は誤操作が多いんですが、慣れると意外に使えますしね。さすがにね、僕が使った感想は0.4ミリだと浅すぎる感じもしたので、0.8とか0.6ぐらいにしてあげると、僕個人はすごく使いやすかったです。人によって、最適なアクチュエーションポイントって違うので、自分に合ったアクチュエーションポイントを見つけられるのもすごくいい点です。

キーボードの買い替えコスト削減

普通のキーボードだと固定なので、アクチュエーションポイントを変えようと思ったらキーボードごと買い替えないといけないので、そうなるとお金もかかるし。可変は、そういう面で見ても強い。

個別キーのアクチュエーションポイント設定

さらに、変更できるだけじゃなくて、自分の好きなキーだけアクチュエーションポイントが変更できます。どういうことかっていうと、ゲームだとだいたいWASDのキーが移動キーになったりするんですが、このWASDはよく使って反応速度が重要なので、ここは0.4mmにして、EキーとかTキーとか他のキー、必殺技とかのキーは少し深め2.2mmとかに設定しておけば、必殺技系のキーは入力ミスしにくいし、反応速度が重要なキーはアクチュエーションポイントを最短に設定するとか、そういう使い方できるんです。

最強ゲーミングキーボードの理由

ここまで細かい設定ができるゲーミングキーボードってなかなかないので、アクチュエーションポイントが可変なおかつ自分の好きなキーだけ変更できるのは、これは本当に唯一無二で最強と呼ばれる理由なのかなと思います。

キー入力の感触と使いやすさ

キーの入力の感じも気持ちいいのよ。間違いない。押してからそこまでスーッと入って、まったく癖がないので、初めてのキーボードもものすごく使いやすいんではないかなと思います。スーッと入れる音。

ダイヤル式音量調節の魅力

あといいのがここ。ここにダイヤルみたいなのがあると思うんですが、このダイヤルで音量調節ができます。先ほども音量調節できるメディアキー搭載のものがあったと思うんですが、個人的にはこういうダイヤル式の方が楽だなと感じました。

直感的な操作性と便利さ

すごく直感的だし、めっちゃ操作しやすいのよ、これ。僕このダイヤルの音量調節に慣れすぎて、これ付いてないと不便だなって感じるぐらいです。こういうメディアキーは便利なので、この辺もゲーミングキーボード選びの一つの要素に入れてあげてほしいかなと思います。

USBパススルーとケーブル配線

これもUSBパススルーが付いてるし、あと裏側ケーブルは太めでデメリットですが、このケーブルを出す位置を変えられますよ。今はこんな感じで片側に寄せて出してるんですが、真ん中に出したりとか逆側に出したりとかUSBを挿したい方向に向かってケーブルを配線整理するってこともできるので、デスクの上のすっきり感も作りやすいかなと思います。

有機ELディスプレイのカスタマイズ

あとこれ気になってた方多いと思うんですが、ここは有機ELディスプレイです。今使ってるプロファイル名とか、自分の好きな文字とか自分の好きな画像を表示させることができます。こんな感じでドットのような感じですが、自分の好きなチームのロゴとか名前を表示させたりすることができるので、そういう見た目的なカスタマイズの幅も広い。

高性能ながらの価格と入手難

機能が盛り盛りでアクチュエーションポイント変えられるし、世界最速ということで値段は高くてなかなか手は出しにくいんですが、最もいいものが欲しいならこれは本当に間違いないかなと思います。こちらも本当に品薄でなかなか手に入りにくいのはデメリットですが、見つけたら是非買っていただきたいです。

まとめ

ということで、ゲーミングキーボード界の4項目をそれぞれ紹介してきました。今回紹介したものは本当にどれ買っても間違いないと思います。いいキーボードばかりなんで、どのようなゲームでもできます。強いて言うならLogicoolGが好きで、シンプルで誰でも使いやすいキーボードが欲しいならLogicoolGプロエクスキーボード。Razerが好きで反応速度が速いものが欲しいならRazerHuntsmanティー。スピード軸搭載でコスパの良くて、メディアキーも搭載しているゲーミングキーボードが欲しいならコルセアのK65ラピットファイヤー。予算上限なくて妥協したくない、世界最速のキーボードが欲しいならSteelSeries、エーペックスプロTKLを買えばね。それぞれ間違いがないと思うので、ぜひこの記事を参考にして自分に合ったキーボードを選んでいただけると嬉しいかなと思います。

Logicool G ロジクール G PRO X ゲーミングキーボード テンキーレス 有線 GXスイッチ クリッキー 日本語配列 LIGHTSYNC RGB 着脱式ケーブル G-PKB-002 国内正規品 【 ファイナルファンタジーXIV 推奨周辺機器 】

Logicool G ロジクール G PRO X ゲーミングキーボード テンキーレス 有線 GXスイッチ クリッキー 日本語配列 LIGHTSYNC RGB 着脱式ケーブル G-PKB-002 国内正規品 【 ファイナルファンタジーXIV 推奨周辺機器 】

Logicool G PROゲーミングキーボード テンキーレス GXスイッチ リニア 有線 メカニカル キーボード 静音 日本語配列 LIGHTSYNC RGB 着脱式ケーブル G-PKB-002LN 国内正規品 ※別売りのGXスイッチの入れ替えはできませ

Logicool G PROゲーミングキーボード テンキーレス GXスイッチ リニア 有線 メカニカル キーボード 静音 日本語配列 LIGHTSYNC RGB 着脱式ケーブル G-PKB-002LN 国内正規品 ※別売りのGXスイッチの入れ替えはできませ

Logicool G PROゲーミングキーボード テンキーレス GXスイッチ リニア 有線 メカニカル キーボード 静音 日本語配列 LIGHTSYNC RGB 着脱式ケーブル G-PKB-002LN 国内正規品 ※別売りのGXスイッチの入れ替えはできませ

Logicool G PROゲーミングキーボード テンキーレス GXスイッチ リニア 有線 メカニカル キーボード 静音 日本語配列 LIGHTSYNC RGB 着脱式ケーブル G-PKB-002LN 国内正規品 ※別売りのGXスイッチの入れ替えはできませ

Razer ゲーミングキーボード Huntsman Tournament Edition JP Linear Optical Switch 日本語 JP配列 超高速1.0mm作動 リニア触感 テンキーレス Chroma RGB 【日本正規代理店保証品】 R

Razer ゲーミングキーボード Huntsman Tournament Edition JP Linear Optical Switch 日本語 JP配列 超高速1.0mm作動 リニア触感 テンキーレス Chroma RGB 【日本正規代理店保証品】 R

Corsair K65 RAPIDFIRE CherryMX Speed RGB COMPACT-日本語 USB ゲーミングキーボード- KB356 CH-9110014-JP

Corsair K65 RAPIDFIRE CherryMX Speed RGB COMPACT-日本語 USB ゲーミングキーボード- KB356 CH-9110014-JP

SteelSeries ゲーミングキーボード テンキーレス 有線 日本語配列 OmniPointスイッチ 有機ELディスプレイ搭載 Apex Pro TKL JP 64737

SteelSeries ゲーミングキーボード テンキーレス 有線 日本語配列 OmniPointスイッチ 有機ELディスプレイ搭載 Apex Pro TKL JP 64737

Logicool G ロジクール G ゲーミングキーボード テンキーレス ワイヤレス G913 TKL 薄型 GLスイッチ リニア 静音 日本語配列 LIGHTSPEED 無線 Bluetooth 接続対応 LIGHTSYNC RGB G913-TKL-L

Logicool G ロジクール G ゲーミングキーボード テンキーレス ワイヤレス G913 TKL 薄型 GLスイッチ リニア 静音 日本語配列 LIGHTSPEED 無線 Bluetooth 接続対応 LIGHTSYNC RGB G913-TKL-L

Logicool G ロジクール G ゲーミングキーボード テンキーレス ワイヤレス G913 TKL ホワイト 薄型 GLスイッチ タクタイル 日本語配列 LIGHTSPEED 無線 Bluetooth 接続対応 LIGHTSYNC RGB G913-T

Logicool G ロジクール G ゲーミングキーボード テンキーレス ワイヤレス G913 TKL ホワイト 薄型 GLスイッチ タクタイル 日本語配列 LIGHTSPEED 無線 Bluetooth 接続対応 LIGHTSYNC RGB G913-T

商品のレビュー:ガジェット

TVS REGZA DBR-4KZ600レビュー!便利な機能、取扱説明書、価格など

TVSREGZAの最上位ブルーレイレコーダー、DBR4KZ600の特徴と使用感を徹底レビューします。

TVS REGZA DBR-4KZ600レビュー!便利な機能、取扱説明書、価格などの画像
ガジェットジェット

ガジェットジェット

説明上手な家電アドバイザー

SM7Bをレビュー:アマゾンの価格やマイクの性能について解説!

最高レベルの音質と見た目のかっこよさを兼ね備えたダイナミックマイク、SM7Bの魅力を詳しく解説します

SM7Bをレビュー:アマゾンの価格やマイクの性能について解説!の画像
たこまる/TAKOMARU

たこまる/TAKOMARU

ゲーミング系Youtuber

エルゴトロンLXアームレビュー!組み立て方や追加アームの装着方法、モニターアームの使い方を説明書をもとに解説

エルゴトロンLXアームは、3.2kgから11.3kgまでのモニターに対応する優れた製品です。その調節

エルゴトロンLXアームレビュー!組み立て方や追加アームの装着方法、モニターアームの使い方を説明書をもとに解説の画像
ふるちガジェット

ふるちガジェット

美しさにこだわるガジェットレビュアー

Keychron Q8 Proレビュー:キーキャップの変更点や通常のKeychron Q8との違い、その他製品の魅力…

皆様、こんにちは。今回は、私が最近気になっているガジェット、新型モバイルバッテリーとトラックボールマ

Keychron Q8 Proレビュー:キーキャップの変更点や通常のKeychron Q8との違い、その他製品の魅力について解説の画像
うしゃすらいむ

うしゃすらいむ

新世代のガジェットガイド

人気ドライヤー各メーカー比較とおすすめレビュー、パナソニック、シャープなど

この記事では、パナソニック、シャープなどの各メーカーの主要ドライヤーを比較し、その特徴や利点をレビュ

人気ドライヤー各メーカー比較とおすすめレビュー、パナソニック、シャープなどの画像
ガジェットジェット

ガジェットジェット

説明上手な家電アドバイザー

東芝REGZA X9900Lの魅力をレビュー!価格、説明書、リモコン、機能など

東芝レグザX9900Lの特徴と評価をレビュー形式で紹介します。パワーアップした画質と音質の魅力も解説

東芝REGZA X9900Lの魅力をレビュー!価格、説明書、リモコン、機能などの画像
ガジェットジェット

ガジェットジェット

説明上手な家電アドバイザー

キーワードで見つける:ガジェット