究極のゲーム体験!人気4KゲーミングモニターTOP5とPS5対応解説

テーマ

このテーマを作った人 | pippin編集部スタッフ

究極のゲーム体験!人気4KゲーミングモニターTOP5とPS5対応解説

次世代のゲーム体験を追求するなら、4Kゲーミングモニターは必須アイテムです。この記事では、現在人気の4KゲーミングモニターTOP5を徹底比較!画質やリフレッシュレート、応答速度などの性能を詳しく解説し、PS5との最適な組み合わせも紹介します。これであなたもゲームの世界にどっぷり浸れること間違いなし!最高のゲーム環境を手に入れ、臨場感あふれるプレイを楽しみましょう。

4Kゲーミングモニターの魅力

はいどうも皆さんこんにちは。たこまるです。今回はおすすめの4Kゲーミングモニターを紹介していきます。PS5も4Kに対応してゲーミングPCもスペックが上がってきたことによって4Kでゲームをプレイすることも増えてきました。今ゲーミングモニターをお考えであれば4Kという選択肢は非常におすすめですので、おすすめモニターをまとめて紹介していきます。

長期間使える製品の重要性

モニターは僕の経験上長期間使っていると壊れにくく良いものを買って長く使うのがおすすめです。もちろん個体差があるので人によっては壊れちゃったよという方もいると思いますが僕の場合はモニターを最も長く使っているモニターが6年前に買ったモデルです。6年前に買ったゲーミングモニターが初めてだったのですがそれが未だに現役で動いているので長持ちする製品かなと思っています。妥協せずに4Kのゲーミングモニターを買うのはものすごくおすすめです。

DELL 3223Q – 定番4Kゲーミングモニター

ということでまず1つ目は、DELLの3223Q。このゲーミングモニターは正直非常に定番で、ゲーミングモニター何買えばいいかわからない方は、とりあえずこれを買えば定番です。色々悩むのがめんどくさい方はこれを買いましょう。

コストパフォーマンスの高さ

4Kゲーミングモニターの売れ筋ランキングでもよく1位になっていて本当によく売れているゲーミングモニターだなと思います。このゲーミングモニターが売れている要因はなんといってもコストパフォーマンスの良さです。4Kで高リフレッシュレートのゲーミングモニターとなると10万超えてくるものが多いんですが、こちらのゲーミングモニターはなんと7万円台(7万9116円)で買えるこの圧倒的コストパフォーマンスの高さが人気の理由です。

高性能なスペックと映像美

4Kモニターのおすすめを聞かれたらとりあえずこれをおすすめしています。モニターのサイズは32インチと少し大きめで、4K解像度を十分に堪能することができますし、画面のリフレッシュレートは144Hz(1秒間に144枚画像を更新する)なので普通のモニターと比べても滑らかな映像を楽しむことができます。PS5であれば120fpsに対応していますので、PS5の本領もしっかりと発揮することができるモニターです。

あらゆるゲームに対応

ハイスペックなゲーミングPCを持っているのであれば 144fpsで遊ぶこともできます。もちろん、240fpsとかはいいっちゃいいのですが。正直なところ、今4Kで240fps出せるようなパソコンってほとんどないので、4Kゲーミングモニターが欲しい場合は144Hz十分です。映像美も楽しめるし、動きの激しいゲームも楽しめるし、本当に万能な優等生です。

IPSパネルの映像品質

このIPSパネルというのは、映像の発色がいいことで有名なパネルです。ゲームはもちろん、動画や、映画を見るときもしっかりと綺麗な映像を楽しむことができます。

応答速度と対戦ゲームの楽しみ

さらにファストIPS、応答速度も申し分ない。応答速度は1ms。応答速度というのは、画面の切り替わる速さですけども、応答速度もある程度早いので、映像の残像感もなく、FPSとかTPSなどの対戦ゲームもがっとり行うことができます。

おしゃれなデザインと充実の機能

デルはデザイン性が高くて、僕も好きなメーカー、デルのモニターは間違いないでしょう。おしゃれです。HDR600を搭載していて、鮮やかな色をしっかりと出してくれる。端っこのベゼルと呼ばれるところも薄めですごくスタイリッシュですし、マルチモニター環境を作った時にも申し分ない。HDMI2.1とディスプレイポート1.4に対応。間違いなくゲーミングPC、PS5 両方とも性能をしっかりと発揮できるモニターです。

結論 – 万能でおすすめの4Kモニター

この後もたくさん紹介するんですけども、色々と悩むのめんどくさいよと。とりあえず、これ買えば間違いないというものが欲しいのであれば、是非こちらのモニターをチェックしてみてください。

 IODATAの4Kゲーミングモニター

続きましてのモニターはこちら。IODATAの4Kゲーミングモニターです。価格を見てみると41500円ということで、非常に安いのではないかと。

 60Hzと応答速度4ms

これコスパ最強なんではないかと思われるかもしれないんですが、こちらは画像にも書いてある通り60Hz、そして応答速度は4msです。

対戦ゲームには不向き

先ほどのゲーミングモニターのように、滑らかな映像を楽しむことはできないですし、応答速度も少し遅め、対戦ゲームなどはあまりおすすめしません。

質感の違い

モニターの質感もまったく違うし そういう意味でも良いモニターを買いたい方はこちらのモニターもおすすめです。

のんびりしたゲーム向け

ただのんびりしたゲームしかやらないよと。 のんびりとしたRPGゲームをしたりとか そこまで映像の動きが欠けてゲームをプレイしないよって方であれば これもなしではないかなと思います。

27インチADSパネル・PS5対応

少し小さめの27インチ。 パネルはADSパネルとあるんですが IPSパネルと思っていただいて間違いないです。 PS5にも対応してるし 4K対応で映像の綺麗さ間違いない。

スペック的には申し分ない

スペック的には申し分ないので リフレッシュレートは気にせず4Kモニターが欲しいよって方であればいいのですが個人的には予算無理してでも こちら買っていただきたいです。

リフレッシュレートの重要性

というのも先ほども言った通り、リフレッシュレートってものすごく大事で 60Hzと144Hzだと、映像の滑らかさというのはまったく違います。

今後のゲーミング体験への影響

できるだけ安く買いたくて、滑らかさは必要ない、今後対戦ゲームをやりたくなった時にまたゲーミングモニター買い足せる方や、サブモニターで4Kで綺麗な映像を楽しみたい方は、41500円で4Kモニターの中だとかなりお安く買うことができるので、安さ重視の方はこちらのゲーミングモニターチェックしてみてください。

ROG SUFIT XG32UQの魅力

続きましてはこちら、これも妥協したくない方には非常におすすめ、ROG SUFIT XG32UQです。このモニターは本当に非常に良い。確かにスペックだけで見ると、32インチの4Kで、リフレッシュレートも160Hzでオートで、リフレッシュレートが最初のやつよりも高いんだが、良いだけなのに値段が高くなってて、モニターの質感もまったく違うし。そういう意味でも良いモニターを買いたい方はこちらのモニターもおすすめです。

量子ドット技術とは

このモニターのすごいところは、量子ドット技術と呼ばれる新しい技術を搭載したゲーミングモニターです。この量子ドットについて簡単に説明すると、要するに非常に映像が綺麗なモニターということです。

量子ドットパネルの映像美

かなりザックリとした説明になってしまったんですが、この量子ドットの画面、非常に明暗がはっきりしていて、普通のモニターと比べると、圧倒的に黒の深みがあるなと感じます。

32インチのおすすめポイント

先ほど紹介したこの27インチのやつも悪くないんですが、デスクの上で4Kを堪能しようと思うと、32インチっていう大きさがおすすめです。

4Kモニター32インチが最適

しっかりと4Kの解像度を楽しめて、映像の迫力も楽しみたいという場合を考えると、4Kモニターは32インチがおすすめです。

高評価の理由と対応機器

PS5にも対応していますし、映像美を重視したい方はこれは本当に一押しです。発売直後にすぐに売り切れになったぐらい、人気が高くて、現時点でも一時的に在庫切れしてますね。

価格とインターフェース

この価格なのに売れてるというところが強み。HDMI 2.1とディスプレイポートもついていて、USB端子もついています。インターフェース類も間違いないです。

高価だがおすすめの理由

確かにお値段は張ります12万円とかなり高価ではあるんですが、4Kの解像度でなおかつ映像の質も重視したいというのであれば、このレベルのゲーミングモニターがおすすめです。予算を出せる方であればこれはいち推しです。

おすすめの4Kゲーミングモニター

続きましてのおすすめはこちら。こちらはBenQ MOBIUZのEX3210Uです。32インチぐらいの大きさで4KでIPSパネルで、しかも先ほど紹介した量子ドットだし。

高品質な2.1チャンネルスピーカー

このモニターの質は、こちらの2.1チャンネルスピーカーが標準で装備されてるというところです。ゲーミングモニターというのは基本的には標準のスピーカーの音質が悪いです。

MOBIUZシリーズの音質の特徴

このMOBIUZの良いところは、標準で2.1チャンネルのクオリティの高いスピーカーが乗ってるというところです。このMOBIUZシリーズというのは質の良いスピーカーが乗ってるということで有名で、ゲーミングモニターの中だと間違いなくトップレベルのスピーカーが乗っています。

自動調節機能と高い表現力

高度の自動調節、モニターの明るさの調節です。明るさを自動で調節してくれる機能や、もちろんPS5にも対応してるし、色の再現度のレベルも段違いにHDRiとかすごく良くて、こんな感じで表現力がゲーミングモニターの中でもトップレベル。

リフレッシュレートとリモコンの利便性

リフレッシュレートも144Hzで問題ないですし、スピーカーの質も十分に高いと。その他にリモコンが付いてて、このリモコンが個人的には便利だなと感じました。

充実した端子類

さらに端子類に関しても非常に充実。HDMI 2.1が2個とディスプレイポート1.4が1個、USB 3.0に関しては5個も付いてるので、これ最高のモニターです。

まとめと購入のおすすめ

予算15万円まで出せて、妥協せずに良いモニターが欲しい方は、こちらをチェックしてみてください。綺麗な映像を楽しむのであれば、音もこだわったら良いので、せっかくであれば外部スピーカーの使用がおすすめです。

43インチモニターの特徴

続きましてはこちら。このモニター正直言って、対戦系のゲームをがっつりやる方には向かないです。144Hzで応答速度も申し分ないし、スペックだけで見たら普通におすすめですが、なんといってもこの画面の大きさ、43インチね。43インチというのはよくも悪くも非常に大きいんです。

対戦ゲームにおけるサイズ問題

対戦ゲームで言うとこのぐらいのサイズ感になってきちゃうと、どうしても敵が出てきたときに目で追うのが大変です。目ん玉を動かす範囲が広くなるので、ゲーム特化っていうのであれば絶対これらの方がおすすめですけども。

映像の迫力を楽しみたい方へ

逆にね、映像の迫力を楽しみたいとか、大画面で壮大なRPGゲームをしたり、綺麗な映画を見たいよって方であれば、これ最高です。画面の大きさは迫力に直結するところですし、デスクの上に置くとなるとね、この43インチぐらいが最大です。

43インチゲーミングモニターの魅力

50インチとかになってくると、デスクの上に置いちゃうとね、圧倒的に圧迫感を感じてしまうので、43インチがゲーミングモニターで使える最大の大きさかなと思ってます。ただその分迫力すごい。43インチのゲーミングモニターでゲームすると、圧倒的な迫力を楽しめます。僕も、ファイナルファンタジーとかプレイしたんですけども、ものすごかったです。

大画面ゲーム体験

画面で視界が覆われるので、VRまでとは言わずとも、端から端まで映像があるからこその迫力っていうのが楽しめます。レースゲームもやってみましたが、レースゲームも迫力すごすぎたね。ほんと楽しかった。

迫力重視の方へのおすすめ

この大きさで4Kで120Hz HDMI2.1搭載で PS5のも使えるっていうところを考えると、迫力重視の方には一押しです。映像の綺麗さも十分でしたし、こちらも価格の割にずっと長く売れてるゲーミングモニターです。

リビングでのゲーム体験

迫力重視でリビングとかでゲームをするとなると、普通に4Kテレビの方がいいです。応答速度や、その辺を考えるのであれば絶対ゲーミングモニターがいいのですが、迫力特化であればテレビでプレイすればいいので、そういう方であれば、こちらのハイセンスの85型が最高です。

85インチテレビの魅力

今僕のリビングに置いてあるテレビはこれですけども、最高です。85インチ、この大きさは圧倒的です。85インチっていうテレビの大きさは、横幅が脅威の188センチ、高さは105センチです。普通の成人男性が横になるよりも、圧倒的に大きい。

大画面テレビの映像迫力

この大画面から得られる迫力というのは、最高です。もちろんね有機ELテレビとかの方が発色はいいのですが、85インチって大きさだとこれ一択かなと、有機ELでいうとLGの65インチ、これ最高でしたね。映像美というか色の深み、これが半端なかったです。黒が深いと奥行き感も感じるんです。

有機ELテレビの映像美

それが有機ELのすごいところ。大型のテレビでなおかつ映像の発色、黒の深みを楽しみたい方であれば、このLGの65型がおすすめ。手映り込みモデルって言って、映画見てても自分の姿が映り込んだりもしないので、映画の世界にどっぷりとのめり込むことができます。

個人的お気に入りのモニター紹介

そしてこのモニターは紹介するか悩みました。個人的にかなり推しなゲーミングモニターですが、在庫が安定しないんです。

INNOCNメーカーと高性能ミニLED

このINNOCNというメーカーを知らない方もいると思いますが、中国の大手ディスプレイメーカーで、個人的には良いと思っています。何がこのモニター良いかというと、4Kで160Hz、そしてHDR1000に対応していて、ミニLED搭載で1152分割のバックライト搭載というのがあって、これがなかなかすごいんです。

画質表現力と暗部の再現性

特に暗い場面の表現力が素晴らしいゲーミングモニターです。非常にコントラスト比が高くてHDRのレベルが高いです。

ゲーム体験とコストパフォーマンス

原神やサイバーパンクをやってみましたが、それらのHDR表現はレベルが違う。本物のLEDを体感しているような感覚です。このモデルに関しては12万円、12万5000円とか、そんなぐらいに下がっていて、コストパフォーマンスがバグレベルです。

量子ドットIPSパネルと機能性

1152分割の量子ドットIPSパネルこれが素晴らしい。映像を見るのが楽しくなるんです。IPSパネル視野角ももちろん広いですし、自動調光機能もついています。

デザインとマルチモニター環境

さらにこのフレームもかなり薄いので、マルチモニター環境を作りたい方にもぴったり。背面のデザインはゲーミングっぽいかなり良いデザインをしていて、USBハブ機能もついています。

デメリットと他モニターとの比較

デメリットを挙げるとすると、音が入っているんですが、正直スピーカーの音はそこまで良くないです。高クオリティというわけではないので、音にこだわるのであればMOBIUZの方がいいです。

ゲーマー向け機能とサイズ感

あとゲーマー向けの機能は少なめです。念のためゲーミングモニターでリフレッシュレートとか速度は問題ないものの暗いところを表現するなら、ミニLEDモニターの方がいいと思っています。また、正直なところ4Kの解像度で映像表現の素晴らしいモニター32インチだったら嬉しいなというところがあります。

総評とおすすめポイント

映像表現をガチりたいならこれはかなりおすすめです。デメリットは本当に在庫だけです。在庫があったら買っていいモニターだなと個人的に思ってます。非常にクオリティが高いです。

4Kゲーミングモニターの魅力と評価

ゲーミングモニターではないものも紛れたのですが、まとめは以下の通りです。

まず、定番のモデルで4Kゲーミングモニターが欲しい方には、Dell G3223Qがおすすめです。

安さ重視で4Kモニターが欲しい方には、IODATAがおすすめです。

4Kで滑らかな映像や明暗表現を堪能したい方には、ROG SUFIT XG32UQがおすすめです。

映像だけでなく音の迫力も楽しみたい方には、BenQ MOBIUZのEX3210Uがおすすめです。

映像の迫力重視で大きい画面で綺麗な映像と滑らかさも楽しみたい方には、ROG Strix XG43UQがおすすめです。

超絶大画面で圧倒的迫力の4K映像を楽しみたいのであれば、ハイセンスの85型がおすすめです。

大型のテレビで黒の深みや奥行き感も感じたいのであれば、LGの65型のゲーミングモニターがおすすめでした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

Dell G3223Q 32インチ 4K ゲーミングモニター (FPS向き/1ms/144hz/Fast IPS/DP・HDMIx2/DCI-P3 95%/高さ調整/VESA DisplayHDR 600/AMD FreeSync Premium Pro)

Dell G3223Q 32インチ 4K ゲーミングモニター (FPS向き/1ms/144hz/Fast IPS/DP・HDMIx2/DCI-P3 95%/高さ調整/VESA DisplayHDR 600/AMD FreeSync Premium Pro)

IODATA ゲーミングモニター 27インチ GigaCrysta 4K ADSパネル (PS5/AMD FreeSync/HDMI×2/DisplayPort/スピーカー付/3年保証/土日サポート) EX-LDGCU271DB

IODATA ゲーミングモニター 27インチ GigaCrysta 4K ADSパネル (PS5/AMD FreeSync/HDMI×2/DisplayPort/スピーカー付/3年保証/土日サポート) EX-LDGCU271DB

ASUS ゲーミングモニター ROG Swift XG32UQ 32インチ/4K/160Hz/HDMI 2.1,DP/IPS/1ms/DisplayHDR 600/量子ドット技術/可変オーバードライブ/PS5/国内正規品

ASUS ゲーミングモニター ROG Swift XG32UQ 32インチ/4K/160Hz/HDMI 2.1,DP/IPS/1ms/DisplayHDR 600/量子ドット技術/可変オーバードライブ/PS5/国内正規品

BenQ MOBIUZ EX3210U ゲーミングモニター (31.5型/4K/IPS/144Hz/PS5対応/2.1chスピーカー/マイク搭載/量子ドット/FreeSync Premium Pro/輝度自動調整/高さ調整)

BenQ MOBIUZ EX3210U ゲーミングモニター (31.5型/4K/IPS/144Hz/PS5対応/2.1chスピーカー/マイク搭載/量子ドット/FreeSync Premium Pro/輝度自動調整/高さ調整)

ASUS ゲーミングモニター ROG Strix XG43UQ 43インチ/4K/144Hz/HDMI 2.1,DP/IPS/1ms/DisplayHDR 1000/DSC/PS5/DCI-P3 90%/国内正規品

ASUS ゲーミングモニター ROG Strix XG43UQ 43インチ/4K/144Hz/HDMI 2.1,DP/IPS/1ms/DisplayHDR 1000/DSC/PS5/DCI-P3 90%/国内正規品

ハイセンス 85V型 4Kチューナー内蔵 液晶 テレビ 85U7H 倍速パネル搭載 ネット動画対応 3年保証 ブラック

ハイセンス 85V型 4Kチューナー内蔵 液晶 テレビ 85U7H 倍速パネル搭載 ネット動画対応 3年保証 ブラック

LG 65型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ OLED65A2PJA Alexa 搭載 2022 年モデル 黒

LG 65型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ OLED65A2PJA Alexa 搭載 2022 年モデル 黒

INNOCN ミニLED 4K ゲーミング モニター 32インチ 最大144Hz 1ms HDR1000 MiniLED 1152分割 QD 量子ドット 技術 Adaptive-Sync 対応 USB-HUB 機能 HDMI2.1 最大輝度800+Nits

INNOCN ミニLED 4K ゲーミング モニター 32インチ 最大144Hz 1ms HDR1000 MiniLED 1152分割 QD 量子ドット 技術 Adaptive-Sync 対応 USB-HUB 機能 HDMI2.1 最大輝度800+Nits

Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system PCスピーカー 19 cm(H) x 8 cm(W) x 右:15 cm 左:14.5 cm(D)

Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system PCスピーカー 19 cm(H) x 8 cm(W) x 右:15 cm 左:14.5 cm(D)

Razer レイザー Leviathan V2 X ゲーミング サウンドバー 単一スピーカー フルレンジドライバー搭載 USB Type-C Bluetooth 接続 コンパクトなデザイン Chroma RGB 対応 モバイルデバイス PC ノートPC リ

Razer レイザー Leviathan V2 X ゲーミング サウンドバー 単一スピーカー フルレンジドライバー搭載 USB Type-C Bluetooth 接続 コンパクトなデザイン Chroma RGB 対応 モバイルデバイス PC ノートPC リ

商品のレビュー:ガジェット

コンパクトながら高音質!ゼンハイザーの新製品AMBEO Soundbar miniレビュー

ゼンハイザーから新たに発売されたAMBEOSoundbarminiのレビューをお届けします。この製品

コンパクトながら高音質!ゼンハイザーの新製品AMBEO Soundbar miniレビューの画像
ガジェットジェット

ガジェットジェット

説明上手な家電アドバイザー

SONY最新ハイエンド液晶テレビX95Lの徹底レビュー!

今回はソニーの今年度ハイエンド液晶テレビX95Lの実機レビューをお届けします。最新かつ最上位の液晶テ

SONY最新ハイエンド液晶テレビX95Lの徹底レビュー!の画像
ガジェットジェット

ガジェットジェット

説明上手な家電アドバイザー

圧倒的な画質!NOMEDICのL500 RGBRazerプロジェクター徹底レビュー

今回は、小型軽量でありながらハイスペックなNOMEDICのL500RGBRazerプロジェクターのレ

圧倒的な画質!NOMEDICのL500 RGBRazerプロジェクター徹底レビューの画像
ガジェットジェット

ガジェットジェット

説明上手な家電アドバイザー

JBLサウンドバー最新モデルレビュー!映画体験を格上げする音質と操作性

今回は、映画やドラマをより楽しむための必需品、JBLのサウンドバーをレビューします。映像だけでなく、

JBLサウンドバー最新モデルレビュー!映画体験を格上げする音質と操作性の画像
ガジェットジェット

ガジェットジェット

説明上手な家電アドバイザー

エルゴトロンLXとエルゴトロンTRACE比較レビュー!価格、取り付け、調整など

エルゴトロンLXとエルゴトロンレース、どちらがあなたのデスク環境に最適なモニターアームなのでしょうか

エルゴトロンLXとエルゴトロンTRACE比較レビュー!価格、取り付け、調整などの画像
ふるちガジェット

ふるちガジェット

美しさにこだわるガジェットレビュアー

RE700XとRE705Xをレビュー:価格や有線接続方法、ブリッジモードの設定方法を説明書をもとに解説

Wi-Fi環境の改善を考えている方に朗報です。TP-Linkの新製品、RE700XとRE705Xの中

RE700XとRE705Xをレビュー:価格や有線接続方法、ブリッジモードの設定方法を説明書をもとに解説の画像
ふるちガジェット

ふるちガジェット

美しさにこだわるガジェットレビュアー

キーワードで見つける:ガジェット